パグ犬涼々のしつけ大作戦!+ボビたん

ボビたん、以前のおとうさん・おかあさんと対面する

今年の1月某日、ボビたんが以前お世話になっていたロッキーの森主宰・武田さんご夫妻と会う機会がありました。
会合が終わった後、急遽ではありましたが、帰りに我が家にお寄りいただいて、ボビたんの元気な姿を見てもらうことになりました。

お二人ともお忙しい身なので、ぐずぐずしてはいられません。
家にいたりゃん父へ急いで電話します。
「今から武田さんをご案内するから、ボビたんを起こしておいてねーっ。」
午後1時頃だったので、涼々もボビたんもぐ~ぐ~お昼寝しているはず。
寝起きでぼ~っとしていては、せっかくの感動のご対面が、ぱーになってしまいますっ。


ボビたんの喜ぶ顔が見たくて、心がはやります。
車のアクセルをちょっと踏みすぎたかも。バックミラーに映る奥さんの車が、かなり後方に置いてきぼりな感じに・・・。
ハンドルを握るちゃこPの手も、心なしか汗ばむ感じ^^;
私が浮かれてどうする。落ち着けちゃこPよ。


家に着いたら、りゃん父がボビたんを抱っこして待っていました。
涼々も私を見て玄関の外にまで飛び出してきました。
私の後ろにいた奥さんにまとわりつく涼々。
奥さんもしゃがんで応えてくれます。「久しぶりだね~、ボビちゃん」
あ、スミマセン。。。そっちは涼々です。。。


あぅぅ、感動の対面のはずが・・・。もうっりゃんちゃんったら、おじゃま虫~(T_T)

さて、気を取り直して、今度こそ、武田さんと奥さんとボビたんの、1年半ぶりの感動のご対面です!!
きゃぁ~、どきどき・・思わず握りこぶしにチカラが入るちゃこPo(≧-≦)o


カメラも何も用意していなかったけど、この感動のシーンは、自分の心のメモリースティックに焼けつけておこう(*´ω`*)
一瞬たりとも見逃さないと、気合い充分のちゃこPでございま~すo(≧∇≦)o


あれ?ボビたんが動かないじょ。???(@゜д゜@)?
武田さんご夫妻が手を伸ばしても、ボビたんはなんだか困ったような感じのまま、りゃん父の足下で立ちすくんでいます。


どうしたボビたん。4年間もお世話になった武田さんだじょ。
近くに駆け寄らんかいっ。そして誰にでもするように、内ももに顔をうずめて鼻をふかんかいっ。
なんだったら、「おとうしゃ~ん」って甘えてもいいんだじょ(ノ ゚д゚)ノ


固まってる・・・ダメだ・・・。おーまいがーっっ!!
お忙しいなか、わざわざボビたんに会いに来てくれたのに、そのかわいくない態度はなんですかっo(*≧д≦)o
ここからちゃこPも混乱しだし、心の中のシャッターチャンスを失ったばかりか、どうしてよいかわからずに「ほらほらボビたん、武田さんだよ~」と声をかけるのが精一杯でした。。。○| ̄|_


武田さんご夫妻も、「ボビー、元気だったか?」と声をかけますが、当のボビたんは微動だにせず・・・です。。。


終わった。。。何がなんだかわからないまま、とにかく終わったのです。


あたりは静まりかえったまま、「そろそろお開き?」の雰囲気で満たされてしまいました。。。

心のメモリには、ピンぼけ写真だけが数枚かろうじて残ったかも。。。って、それも定かではない感じです。。。


武田さんがお帰りになろうとしたので、保護動物用に古いリンゴと、あとはご自宅用に長芋を数本包んでお渡し、一緒に車の方へ向かいました。
「お忙しいところ、今日はどうもありがとうございました。。。」
りゃん父に抱っこされ、ボビたんも一緒にお見送りです。


傷病野生動物を手当てして山に返したり、保護したワンちゃんネコちゃんには里親を探してあげるのがロッキーの森の活動なので、 武田さんご夫妻にとっては、ボビーが元気でいることと可愛がってもらっていることがわかれば、それで良かったのかもしれません。
感動の再会が不発に終わったとがっかりしていたのは、ちゃこP一人だったのですぅ。


後日、この話を友人にしたところ、思いがけないことを言われました。
「ボビたんは、連れ戻されると思って固まったんじゃないの?」
「それだけ涼々家が居心地いいということかもね」

えっ!?
ボビたん、そうだったの?


今日のオヤツはすりおろしリンゴ♪

今日のオヤツはすりおろしリンゴ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。