パグ犬涼々のしつけ大作戦!+ボビたん

ムツゴロウ動物王国 犬がよろこぶしつけの学校

バイトに出勤する前、電車時間の関係でちょっと時間があく曜日があります。そんなときはいつもバイト先の近くの本屋さんで立ち読み(^m^)
回るコーナーは、仕事関係とワンニャン関係とお庭関係。それに最近はバイク関係もプラスされちゃいました^^
ネットで本を買うことが多くなっても、本屋さんでの立ち読みはやめられましぇ~ん。

「ムツゴロウ動物王国 犬がよろこぶしつけ学校」 監修=ムツゴロウ 畑 正憲  発行 学研

「ムツゴロウ動物王国 犬がよろこぶしつけ学校」 監修=ムツゴロウ 畑 正憲  発行 学研



この本ともそんないつものパターンで出会いました。
「しつけ」の内容にも興味がありましたが、やはりそこは「ムツゴロウ動物王国」。動物たちの写真がものすごくいいです!
広い大地と、その中で暮らす生き生きとした表情の動物たち。「アレしちゃダメ、コレしちゃダメ」って言われないでのびのび育ったんだろうな~。
でもみんな仲良くやっているから一定のルールはあるようです。多くの老若男女の動物たちをしっかりホールドできていて、動物王国のスタッフさんはスゴイですね。

しつけやゴハンのトッピングのことなど、私の中のこれまでの定説を覆すようなお話がたくさんあり、興味深く読ませていただきました。
ただ、ムツゴロウさんが動物行動学者のコンラート・ローレンツ著「人・イヌにあう」をぼろくそに評しているのには、正直なところ「ムツゴロウさんもかぁ」とちょっとサミシイ気持ちになりました。
「人・イヌにあう」に書かれている”イヌの起源”の説については、他にも疑問を呈している学者がいますし、私にはどっちでもいいこと(^^:)なのですが。

内容はおもしろいので、また別の機会に紹介させていただきたいと思います。

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。